長崎恐竜博物館

【長崎恐竜博物館】いつオープン?入場料はいくら?年パスは?市内からのルートや地元イベントについて

2018年、長崎に恐竜博物館をつくりますというビックニュースをきいて早2年!
ついに2021年、秋にみんな大好き恐竜の博物館が長崎にオープンします!
どんな博物館?長崎駅でも恐竜の催しイベントで様々な展示されており、いよいよだなぁとワクワクされていらっしゃる方も多いと思います。

今回は

1.オープンはいつ?入場料金や年パスは?
2.長崎市内から野母崎方面へのルート。
3.これからオープンする恐竜博物館のこと。
4.野母崎といえばコレ!というイベントをお伝えします。



【長崎恐竜博物館】いつオープン?金額は?

2021年10月29日野母崎にオープン!!年パスもあるよ!

長崎恐竜博物館

場所:長崎市野母町568-1

開館時間:9時~17時

休館日:月曜

入館料(常設展)

区分 個人 団体

(15人以上)

年間観覧料
一般 500円 400円 1,250円
小・中学生、幼児 200円 160円 500円
  • 3歳未満無料

アクセス:JR「長崎駅」から車で約40分

駐車場:有り(無料・約110台)

問合せ先:095-898-8000(長崎市恐竜博物館)

 

こちらが3回行くと元取れちゃう、お得だし、かっこいい『年パス』!早速、子供用は売り切れなんですね。。。




【長崎恐竜博物館】長崎市内から野母崎方面へのルートは?

博物館への新しい道路もできている!ドライブにも最高!

現在、建設中の野母崎恐竜博物館は「野母崎総合運動公園水泳プール」の跡地にできます。軍艦島が見渡せて、水仙の里としても親しまれている、野母崎田の子地区です。長崎市内からは車で30〜40分程かかります。

 

長崎市内から国道499号線を右手に海を見て南西へ走り、長崎県指定天然記念物の夫婦岩(こちらの地層は約4億8000年前[古生代の地層]!!!今回の恐竜は8000年前なので、マニアの方にはこちらのほうがすごいのかもです!)の横を通過し、オレンジ色のコンテナハウスケーキとカフェのsourire ✕ sourire(スリール・スリール)さんを通り過ぎ、毎年恒例ののもざき水仙まつり会場、野母崎総合運動公園到着!

 

従来は「のもざき物産センター」と「軍艦島資料館」を右折するところですが、そのまま道なりに進み、次の新しい信号を右折します。ここからが新しい道となり、その先へ行くと野母崎恐竜博物館へ到着します。今はまだ工事中ですが、楽しみですね。

(住所)〒851-0505 長崎県長崎市野母町568-1




【長崎恐竜博物館】ってどんなところ?

大人も子供も博士?も楽しめる大迫力の恐竜大空間!
長崎の白亜紀を感じる博物館「長崎は西の恐竜王国」だった!

博物館の目玉は国内初発見「ティラノサウルス科の化石」。その歯の化石から推測すると体調10メートルほどのティラノサウルスがいたと推測されるとのことです。博物館では展示されるレプリカのうち、全長13メートルのティラノサウルスの骨格化石が登場するそうです。米モンタナ州で発掘された「トリックス」と呼ばれるもので、国内では唯一の展示なのだそうです!実際に見たら想像を絶する「大恐竜」なのだと思います。はるか昔の白亜紀の長崎にそんな恐竜が生息していたなんて、突然恐竜を身近に感じてしまいます。

 

また博物館では、長崎半島西海岸で発見された様々な恐竜模型を数多く紹介するだけでなく、実際に化石に触れることもできるハンズオン学習恐竜の動きを再現したロボットが見られるコーナーなど体験型の博物館となっているようです。もし、あなたが「プロの恐竜博士」なら!調査研究施設を公開しているオープンラボのコーナーも面白いかもしれません。博物館を支える長崎市化石研究の現場を疑似体験できたり、収集や調査など研究のことも知ることができるそうですよ。

 

 

すごい!ほぼ毎年長崎で見つかる恐竜の化石 国内初の記録も続々です!

始まりは、2010年に野母崎で発見されたハドロサウルス類(草食恐竜)の左大腿骨遠位部の化石。。。およそ8400 万年前の化石です。

  • 2012年に翼開長3~4m程の翼竜(アズダルコ科)、過去に報告された国内の翼竜化石は一点ずつの遊離した資料であり、同一個体の複数の部位からなる翼竜化石の記録は今回が初めてとなる。

  • 2013年は大型肉食恐竜の歯(2点)大型の肉食の恐竜がかつての長崎半島周辺に生息していたことを示す

  • 2014年は鎧竜の歯(草食恐竜)発見

  • 2015年はティラノサウルス科(獣脚類恐竜)の大型種としては国内初となる化石2点

  • 2016年はハドロサウルス上科の歯の化石35点!(福井県立恐竜博物館と長崎市教育委員会は、平成25年度から行っている共同研究調査により発見)

『長崎市恐竜博物館準備室の事業ホームページ』より抜粋

 

なぜこんなに長崎で化石が発見されるのでしょうか?

それは、野母崎のある長崎半島西海岸に約8100万年前の地層があるからなんです。ここで、恐竜の化石が多数発掘されているのです。上記の様にヨロイ竜の仲間やハドロサウルス類、獣脚類など、様々な恐竜。これまでは、せっかく発見されても『収集』や『調査』、『保管』をする拠点がなかったため、なかなかお披露目の機会がなかった、とても貴重な化石たち。。。これはもう『長崎に拠点つくるしかないっ!』と、なりますよね!

遠くに世界遺産の軍艦島を望みながら、恐竜の事、研究のこと、長崎の大地の歴史のこともわかる恐竜博物館です。長崎は歴史の街ですが、壮大な恐竜の歴史も大地に刻まれていたんですね!




恐竜博物館へでかけるならこの野母崎イベントもおすすめです

恐竜博物館は来年2021年、10月オープンの予定ですが、毎年恒例、1月初旬から末頃までは『のもざき水仙まつり』が開催されていますので、ぜひこの期間にも足を運んではいかがでしょうか?水仙まつりの土日祝日の11時と14時は来場者に水仙の花束をプレゼント(本数に限りがあります)もありますよ。車内が水仙の香りで癒やされます!

 

お時間があれば、同じエリア内にある、新しく2020年にリニューアルされた『軍艦島資料館』もおすすめです。入場料は大人200円、子供100円のミニ資料館。当時の活気にあふれすぎている生活は必見です。お給料が高いので、最新家電に囲まれ、女性の皆さんも、おしゃれ!また、近年のPVや映画のロケ地としての魅力も面白いですよ。軍艦島のことを学んだ後には、ぜひすぐ近くの軍艦島展望台へ!今は廃墟となった炭鉱の島、軍艦島の姿は圧巻です。

 

帰りは、道の駅「みさき駅さんわ」で有名なおいしいアイスをたべながら地元野菜パンのお買い物もおすすめですよ。




まとめ

2022年に長崎新幹線西九州ルートができると、九州や日本中、アジア圏からも多くの方が訪れる博物館になるかもしれませんね。何度も足を運びたくなる、そんな博物館になれば嬉しいですね。

 

入場料などの情報も整っていないようですが、分かり次第お伝えしていきます。年間パスポートなどもあれば嬉しいです。まだ先になりますが、2021年のオープンが待ち遠しいですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【長崎恐竜博物館】いつオープン?入場料はいくら?年パスは?市内からのルートや地元イベントについて」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る