麒麟がくる井上瑞稀

井上瑞稀(HiHiJets)の[麒麟がくる]登場はいつから?どんな役?

現在放送中のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」に、井上瑞稀(HiHi Jets)が出演することが発表!また、大河ドラマに初出演ということもあり話題になっています!

今回は、いつから登場するのか?を予測します。また演じる「織田信忠」とはどんな人物なのかご紹介します。

 




 

麒麟が来る、井上瑞稀さん「織田信忠」いつから登場か予測

「麒麟がくる」では、織田信長(染谷将太さん)の長男の奇妙丸(後の信忠)役で子役の柴崎楓雅さんが11月1日放送の第30回「朝倉義景を討て」に登場しています。奇妙丸

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第30回で奇妙丸(後の信忠)を演じる柴崎楓雅さん

(C)NHK(MANTAN)

 

井上瑞希さん演じる「織田信忠」は幼名は奇妙丸。元服してはじめ勘九郎信重(のぶしげ)を名乗り、のちに信忠と改めています。

井上さんが演じるのは信重信忠の時代を演じられる可能性が高いです。もしくは信重時代は飛ばされる可能性もあります。

第三十四回「焼討ちの代償」2020.11.29放送ではまだまだ比叡山延暦寺の戦い。この戦いは信長史上最凶事件とされ僧侶、学僧、上人、児童の首をことごとく刎ねたと言われています。しかし、

●信忠は17歳で家督を継いでいる 

本能寺の変で父同様に自害の運命をたどっている!

ドラマでは本能寺の変のその後の明智の娘「ガラシャ」の運命も描くものと考える

そして放送は残り10回ほどと考えると、

もう!いよいよではないでしょうか!

 

12月6日(日)の第35回には登場せず、予告を見る感じでは12月13日(日)の第36回にもまだ登場しないような。後のガラシャの光秀の長女「たま」もまだ少女。。。
しかし第35回では「京~伏魔殿編」の追加キャスト8名のうち、三条西実澄役で石橋蓮司、甲斐の戦国大名・武田信玄役で石橋凌、木下藤吉郎の母・なか役で銀粉蝶が登場しています。

 

年末か年始か?
もう間もなく、その容姿を確認できるのではないでしょうか?

 

分かり次第追記してまいります。

 




&n


bsp;

【追記】年明け最初の放送で登場!

 

井上瑞希さんのコメント

今回、織田信忠を演じさせていただきます、HiHi Jetsの井上瑞稀です。
歴史のある大河ドラマに出演できることが本当に夢のようでうれしく思います。父親役である染谷将太さんはじめ、すばらしい役者さんたちに囲まれ、必死に食らいついていけたらなと思っております。
正直不安もありますが、自分の夢でもあった大河ドラマに初めて出演させていただくので、とにかく精いっぱい演じさせていただき、これを機に役者としてもさらに大きく成長したいなと思っています。頑張ります!!

 

あわせて読みたい!

「麒麟がくる」芦田愛菜のガラシャってどんな役?インスタは?他の新メンバーは?

 




 

井上瑞稀さん(現・20歳)の「織田信忠」はどんな人物?

織田信忠 大名 / 武将

出身は尾張国 実母生駒吉乃 育ての母は帰蝶
生年月日1557年0月0日?
没年月日1582年6月21日
年齢満25歳没

幼名は奇妙丸。別名は信重、信忠。通称は勘九郎、三位中将、岐阜中将。
織田信長の息子(嫡男で世子)。本能寺の変にて自刃。

 

  • 出生した時、顔が奇妙であるということから、信長より奇妙丸という幼名を与えられたという。幼い頃から家督相続を約束されていた信忠は、信長から雑用を一切させないなどの厚遇を受け、武将として出陣する前から信長の戦に連れられ、闘いを学んでいた。父・信長が足利義昭より尾張守護の斯波家の家督を与えられた折に、自らは辞し息子信忠に斯波家を継承させたともいわれいます。

  • 父に忠実だったイメージが強いが、播磨三木城攻めの時には督戦に来た信長に作戦をめぐって抗弁した。また「人間五十年」で有名な『敦盛』など、幸若舞を好んだ信長に対して、信忠は能狂言を異常なほどに好んだ。徳川家康を通じ、稀少であった世阿弥の著作を入手したりもしている。また、伊勢松島で群集を前に能を演じたとの記録もあり(勢州軍記)、信忠の能の腕は「手前見事」と評されるほどの腕前だった(『当代記』巻2)。ただし信長は武将たる者が能を好む事を嫌い、「およそ舞楽は金銀の無駄であり、家業を忘れ、国が乱れる本である」と述べて天正8年(1580年)に信忠から能道具を取り上げて謹慎させた(『勢州軍記』巻下)。

 

「能」が好きな人物。。。能のシーンなどもあるかもしれないですね!

 

麒麟がくる「ドラマ」について

「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル作。

 

ドラマでは謎めいた明智光秀の前半生にも光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く、エネルギッシュな群像劇となっています。戦国時代の武将・明智光秀の波乱の生涯と、彼を取り巻くさまざまな武将たちの運命を描くドラマで、井上瑞希さんは染谷将太演じる織田信長の長男・織田信忠役で、大河ドラマ初出演を果たします。おめでとうございます!

「麒麟がくる」公式インスタはこちら

 




まとめ

井上さん演じる信忠は17歳で家督を継いでいる ●本能寺の変で父同様に自害の運命をたどっている!●ドラマでは本能寺の変のその後の明智の娘「ガラシャ」の運命も描くものと考えるそして放送は残り10回ほどと考えると、

12月6日(日)の第35回か12月13日(日)の第36回かには登場しその容姿を確認できるのではと予測しています。

2009年、9歳でデビューされた井上瑞穂さんも20歳に。映画やテレビドラマ、CMなど大活躍!ついにNHK大河にも大抜擢され、役者としてもますます大注目の井上瑞稀さん。これからも応援しています!

現在放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」最終回<最終(第44)回>の放送予定日は
2021年 2月 7日(日)夜 8時00分~ 9時00分(総合・BS4K)
※15分拡大版 「麒麟がくる」紀行含む<前 9時~(BS4K)/ 後 6時~(BSプレミアム)>

となるそうです。本日11月29日(日)は「第34回」もう、残り10回!となります。本能寺の変や娘の「たま(ガラシャ)」の運命もこれからうごくのでしょうか?終盤に向けてラストスパートにはいってきましたね。楽しみです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る