大坪誠さん

大坪誠(アスカネット開発者)情熱大陸出演!プロフや経歴・年収は?

空中ディスプレイ開発者の大坪誠さんが『情熱大陸』にご出演されます。
映像を浮かび上がらせる「空中ディスプレイ」の開発者、天才「大 坪 誠 おおつぼ まことさん。

大坪誠さんの経歴とプロフィール

大坪誠

1955年長崎県五島市生まれ

技術者だった父の影響を受けて大学では技術系に進学。

鉄鋼関係エンジニアリング会社にて電子部品開発などを経験

探求心が豊かで妥協を許さずとことん考え実行する性格。次々と特許技術を開発し、3D関係のベンチャーを起業。空中結像技術の開発を開始。

2011年株式会社アスカネット入社

株式会社アスカネット、エアリアルイメージング事業部に所属
ASKA3D商品の品質向上・量産化と並行して空中ディスプレイ基礎研究を継続中

熱狂的な広島カープファン!

大坪さんは現在、年齢は65歳。実用化されたら「特許」以上の大きな発明につながるネタが頭の中にはまだまだ眠っていて、飽くなき探求心の「青年の志」を忘れていません。

 

大坪誠さんの年収

大坪誠さんの年収の公開はなく、わかりませんでした。
インターネットで調べると、特許事務所に勤めた場合の平均年収は、約600万円となっています。
空中ディスプレイのトップランナー、大坪さんですので平均よりも高収入ではないかと予想されます。

 

『非接触システム』や『空中ディスプレイ』にできること

大坪さんが開発した『非接触システム』や『空中ディスプレイ』いったい?どのように?何ができるのでしょうか?本来ならば『体感』することが一番わかり易いとのことですが、その状態を調べてみました!「技術」「テクノロジー」は私達の生活を未来へと導いてくれます。それだけで知りたい気持ちになりますよね!

 

●樹脂製プレートによる空中タッチ操作

●7in/10in 小型空中非接触操作パネル

3D-DELZO_等身大の人物を空中に立体表示

SuperFly_60㎝以上の空中に画像結像

壁面空中サイネージ_新しい形の広告

DS976_空中操作できるコンテンツ

 

WEBサイト ASKA3D

 

空中表示と操作を可能にした製品の数々!
サイトにはそれぞれ動画がついているのですが、システムの特質上、立体感(空中感)は少しわかりにくいところも。

3D-DELZO』などは等身大の人物を空中に立体表示されるということで、今後の映画鑑賞の新しいあり方や、コロナ禍の音楽ライブや映像ライブも変わっていきそうな予感です。芸術業界に光あり!

 

この『ASKA3D』の価格は?いくらするの?

公式サイトでは価格は「お見積り」と表記しているため、わかりませんでした。

 

ただ、実際に個人で『空中ディスプレイ』を作成された方のサイトより

以前に比べて、空中ディスプレイを体験するための部材はものすごく安価になりました。

空中ディスプレイシステムの開発部材
  1. ASKA3D(空中ディスプレイ化させるプレート)
  2. NeonodeのIRセンサー(試作で簡単に試すならAir Bar)
  3. Intel Compute Stick(安いスペックで十分)
  4. なるべく高輝度のディスプレイ
  5. UnityかHTML5での開発環境

これらは全て合わせても10万円未満で部材を揃えることが可能です。

UnicoBlogより https://unicorn-blog.jp/archives/574

個人で研究されている方も、「ASKA3D」を購入できるんですね!技術を知っていらっしゃる方はごASKA3Dを購入し、自作で『空中ディスプレイ』をつくっているんですね。想像していた金額よりも良心的なような気もします。

 

新型コロナ時代の『非接触システム』で「みらい」が来る

新型コロナウィルスの感染予防の意識が高まる今、世界からの注目も大きい「空中ディスプレイ」。
この技術、空間に飛び出してくるんです。触っていないのに、触っている。
音、声で機械を操作することもようやく日常になじんできたこの頃。今度は、この「空中ディスプレイ」が日常に溶け込んでくるのかもしれませんね!

 

どこで使われているの?

空中に映像を表示出来る事により、空間を利用したインパクトのあるデジタルサイネージが可能となったり、タッチしないタッチパネルとして生活のあらゆる場面に非接触の操作を可能とします。

 

●「デジタルサイネージ」電子広告の革命。駅前など変わりそう!

●「作業現場」手袋でのデータ入力

●「車載(しゃさい)」車にのせることができる。既にコンセプトカーに搭載始まる!

●「アミューズメント」カジノやスロットなど、空間を前後にも表現可能

●「セキュリティー」非接触で覗き見が出来ない


出典:https://aska3d.com/ja/index.html

 

●「飲食店」非接触で清潔(お寿司のタッチパネルなど)

●「料 理」調理中のレシピ確認

●「医 療」大型モニターの操作パネル、手袋でのデータ入力

●「ビジネス」テーブルにパソコンが不要!


出典:https://aska3d.com/ja/index.html

『非接触システム』で、ATMはもちろん、きっぷやチケットの販売機購入や、PCいらずでノマドライフなど、SFの世界。。仕事に、料理に、医療に、車に、、、まさに生活のほぼ全てに活用できるのではないでしょうか?まだまだ広がっていく可能性。。スゴイぞ『空中ディスプレイ』!

街中に大坪さんが開発した『空中ディスプレイ』が溢れ始めるとすると、これは!いよいよ新しい時代!と未来を感じますね。

 

まとめ

『空中ディスプレイ』を調べてみると、開発や専門家のみなさんの技術のすばらしさは本当に想像のずっとはるか彼方なんだなぁと実感。驚きやインパクトもさることながら、コロナ観点からもすばらしい!そして「だれにでもわかりやすい」「もっと深く伝わりやすい」という人にやさしい点でも優れているなぁと感じています。

技術諸説ありますが視聴率1%は約18万世帯、情熱大陸の視聴率は5〜7%、約108万世帯の視聴者。全国ネットで空中ディスプレイ!放送後は日本中、世界中に衝撃が走り、また新型コロナウィルス感染予防の点からも普及スピードは早まること間違いなし。もっと大坪さんの『空中ディスプレイ』を周知できることを願います!今後も「大坪誠さん」と、広島の開発会社「アスカネット」は、国内外からの熱視線を集めそうですね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る