8代目染五郎大河決定

木曽義仲息子『義高』は市川染五郎八代目!インスタも美しい!大河ドラマで初出演決定!いつから?どんな役?

2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』が早くも注目を集めています!脚本はあの『新選組!』『真田丸』の三谷幸喜さん。今回が大河ドラマ3作目となります。

そのドラマのキャスティングも三谷幸喜さんが発表することで、ますます過熱しています!公式ツイッターで発表告知しNHKで自ら発表するというスタイルです。

今回は第3弾の発表となり、『木曽義高』役で、8代目市川染五郎が大河ドラマ初出演で決定しました!おめでとうございます。

【追記】初登場は2022年4月3日放送の第13回『幼なじみの絆』です。

第15回の『足固めの儀式』ではフィアンセ大姫の弟(万寿様)を源氏同士の諍いから守ろうとする姿にキュン!

そして、シュウウエムラの日本のアンバサダーにも就任されました!特に2枚めの動画はため息。(美しすぎて)

 

今回は

●8代目市川染五郎さん『鎌倉殿の13人』での役どころは?
●8代目市川染五郎さん『鎌倉殿の13人』で演じる『木曽義高』とはどんな人物?
●8代目市川染五郎さんの交友関係、プロフィールやインスタや母グラムは?

についてまとめてみました。




8代目市川染五郎さん『鎌倉殿の13人』での役どころは?

『鎌倉殿の13人』は2022年(令和4年)から放送予定のNHK大河ドラマ第61作です。

初登場は2022年4月3日放送 第13話 『幼なじみの絆』源頼朝のライバル・木曽義仲(義高の父)・巴御前(義高の母かは不明)も登場します。秋元才加さんのビジュアルは『剛力で美女』という巴御前にピッタリです!

市川染五郎が演じるのは源氏の源義仲(木曽義仲)の長男『木曽義高』『大姫』のフィアンセです。

『大姫』とは源頼朝の長女で、(頼朝と北条政子の間の第一子。ちなみに「大姫」は俗称で本名は不明)。『鎌倉殿の13人』では南沙良さんが演じられます。南沙良さんも大河ドラマには初出演です。

染五郎05

木曽義高

父:源義仲(木曽義仲)母:巴御前の長男

 

南沙良

大姫

父:源頼朝 母:北条政子の長女

 

https://twitter.com/TL_kurage/status/1387383320506376192

度々マンガにもなるほどドラマチックな悲劇。キンドルがあったので貼っておきます。




8代目市川染五郎さん『鎌倉殿の13人』で演じる『木曽義高』とはどんな人物?

 

『木曽義高』は頼朝(大泉洋)と父・木曽義仲(???)(青木崇高:優香さんの夫)の対立に巻き込まれる『源氏の武将の息子』。同じ源氏なのに頼朝と義仲は中が悪い理由は『義仲の父』は『頼朝の父』に所領争いの末、敗北し殺されているからです。

【追記!】義高の父、木曽義仲役が発表されました!(2021.0708)

https://twitter.com/2019MCU23SW9/status/1510577564859133954

信濃国で勢力を伸ばした父・義仲。同じ源氏の源頼朝(大泉洋)に対立していた叔父一族を庇護し、あわや戦争に。この時、和議を成立するため長男の義高を婿へ。大姫の婿というのは表向きで『人質』として鎌倉へ送られてきた少年。義高はまだ、11歳。大姫は6歳。

頼朝は後白河院を味方につけます。父・義仲をよく思わない後白河院(西田敏行)。後白河院から見捨てられた義仲は、従う兵もなく惨敗。ついに『粟津の戦い』で破れます。。。

そうなると義高の人質価値の消滅、そして父の仇として頼朝を狙う危険な存在。

頼朝は『義高』を討つ決意をする。妻の北条政子は抗議するも却下。義高を助けたい大姫は周りと協力し義高に女装をさせて逃がそうとするも、最後は頼朝の追ってにより討たれ、20歳でこの世を去りました。

その後の大姫は悲しみは深く、悲しみのあまり水ものまず、衰弱。頼朝は政子に『大姫がこうなったのも義高を討ったせい』と詰め寄られると、今度は義高を切った『藤内光澄』を殺害。あんなに慕ってくれていた上総介を殺害し、まっすぐな義仲を殺害、自分の娘の義高も。。鎌倉殿、怖い世界です。三谷幸喜さんの脚本と演じられている大泉洋さんが素晴らしければ素晴らしい故に、つらい大河です。。。

さらに頼朝は大姫の想いなど組むこともなく後鳥羽上皇との縁談をすすめるが大姫の精神は持たず、19歳でこの世を去ります。原因は不明。

染五郎05

 

歌舞伎俳優の市川染五郎さんがコメント

演じさせていただく木曽義高の悲劇的なところにとても惹(ひ)かれました。三谷さんがどのようなキャラクターに仕上げられるのかまだわかりませんが、 視聴者の皆様に義高という人物の魅力をお伝えできるよう演じたいです

https://twitter.com/kakamatsukk/status/1513119800998100997

 

 

南沙良

女優でモデルの南沙良さんがコメント

今回、大姫を演じさせていただくこととなりました。錚々たるキャストの皆様とご一緒できることに、とても感謝しています。過酷な運命を辿った大姫ですが、これから演じていくなかで私の中に出来上がる大姫が、どのように仕上がるのか、不安よりも期待の方が大きくなっています。歴史はひとつでも、その時代を生き、駆け抜けた大姫の物語に正解はなく、演じる物語は未来の私の一部になると思います。今回の役を通じ、皆様にお届けする大姫を楽しんでもらえるように精一杯、演じていければと思います

 

悲劇だとわかっていても、三谷幸喜さん脚本のお二人の演じる『義高大姫』たのしみですね!

https://twitter.com/2019MCU23SW9/status/1510613072893059075

https://twitter.com/naoejou/status/1518564038284034049

https://twitter.com/naoejou/status/1524670714217123840




8代目市川染五郎さんのプロフィールやインスタや母グラムは?

8代目市川染五郎さんは、言わずとしれた歌舞伎界のプリンス。

父は松本幸四郎さん。母は藤間園子さん。そして、叔母は松たか子さん、お祖父様は

松本白鸚さん。

2018年(平成30年)1月2日 高麗屋三大襲名披露興行である『壽 初春大歌舞伎』(歌舞伎座)に於いて市川染五郎を八代目として襲名

8代目染五郎プロフ

八代目 市川 染五郎

屋号 高麗屋

2005年3月27日

本名は藤間齋(いつき)

インスタグラムもされており、ご本人の公式インスタはコチラ

お母様のインスタはコチラ。(コチラのほうがかっこいい染五郎さんがたくさん!)

藤原 史織さん(元ブルゾンちえみさん)や平手友梨奈さんなどインスタにはたくさんの芸能人が一緒にアップされています。

市川團子さんとは幼い頃からの友達です。そして次世代の歌舞伎界を背負っていく仲間ですね。

ニッキ−というラブラドールのファミリーも。

赤ちゃんのころのニッキ―も。かわいいですね〜




まとめ

2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のキャスト発表第3弾で『木曽義高』役で、8代目市川染五郎が大河ドラマ初出演で決定しました!

その美貌と若さで大注目の8代目市川染五郎さん演じる『木曽義高』人物やプロフィールやインスタや母グラムなどをまとめてみました。

公式WEBサイトはkoshiro.jp/somegorou

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

合わせて読みたい

『大姫』役は南沙良 インスタも美しい!大河ドラマで初出演決定!いつから?どんな役?

鎌倉殿『北条泰時』役!初大河・坂口健太郎!いつから?どんな役?

寛一郎 が鎌倉殿に!大河ドラマで初出演!『公暁』役はいつから?どんな役?

木曽義仲息子『義高』は市川染五郎八代目!インスタも美しい!大河ドラマで初出演決定!いつから?どんな役?」への1件のフィードバック

  1. Excellent blog you have got here.. It’s hard to find excellent writing like yours these days. I honestly appreciate people like you! Take care!!|

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る