吉居大和

吉居大和(中大)の弟・駿恭や父母も陸上家族!納得のサラブレット選手

今季は注目ルーキーが続出!中でも、中央大学のスーパールーキー吉居大和選手は日本選手権にも出場した実力者です。

7月に行われた大会『5000m』では、13分28秒31の6位(日本人3位)とU20日本記録を15年ぶりに更新!

また、10月17日に行われた第97回箱根駅伝予選会(21.0975kmハーフマラソン)で1時間1分47秒の好タイムを出した吉居大和選手。

 

そんな吉居大和選手の家族や兄弟や、箱根駅伝(今現在では補欠登録)での「シューズ」を予想します。

吉居大和の出身地などプロフィール

大活躍の吉居大和選手のプロフィールを紹介。かっこいいですね!

名前 吉居大和(よしいやまと)
生年月日 2002年2月14日
身長・体重 168㎝ 48Kg
出身地 愛知県田原市
出身中学 田原東部中学
出身高校 仙台育英高校
所属 中央大学陸上部

吉居選手が小中学生時代を過ごした「愛知県田原市」は、太平洋に面した渥美半島の先端に位置する街で島崎藤村の童謡 「椰子の実」や恋路ヶ浜で有名な”伊良湖岬”のある市で、”メロンロード”でも有名な『メロンの産地』!

吉居選手の練習も岬をみながらトレーニングに励まれていたのではないでしょうか?!

吉居大和は双子!家族構成と陸上選手だった両親

今回の箱根予選会でも素晴らしい結果を残した吉居大和選手が、どんな家庭で育ったのでしょうかか?最後に順大の三浦選手に抜かれて日本人トップを奪われた形になってしまいましたが、将来オリンピックを狙える選手になることは間違いありません。とても気になるところですね。

 

吉居大和の家族構成は「父親・母親・大和選手・双子の弟・2歳下の弟」の5人家族です。

吉居大和選手はなんと双子です!

双子の長距離ランナーといえば、古くは宗茂、猛兄弟、最近では設楽啓太・悠太兄弟村山謙太、紘太兄弟などが有名です。

ただ、残念ながら吉居大和選手双子の弟さんは陸上をされていないようで、詳しい情報はありませんでした。

 

吉居大和の父も母も共に『元陸上選手』で陸上経験者

  • 父親の吉居  誠さん:トヨタ自動車陸上長距離部に所属されていた元陸上選手
  • 母親の吉居美奈子さん:全国高校総体にも出場した元陸上選手

母親の美奈子さんに関する情報は種目は不明ですが、陸上インターハイに出場したことがあるそうです。探したところ、これ以上はわかりませんでした。

 

父親の誠さんについては、佐賀県の鳥栖工業高校都大路に出場後、トヨタ自動車陸上長距離部で陸上をされていました。

 

公演も行う父、誠さん。体づくりや食事のこと等、スポーツに大切なことはすべて体験されている事なんですね。実はサラブレッドの吉居選手。両親の深い経験と環境、才能が今の吉居選手の原点なのかもしれません。まさに陸上一家ですね!

 

 

吉居大和の2歳下の弟さんもスゴイ!

双子の兄の情報はわかりませんでしたが、吉居大和選手のもう一人2歳下の弟がまたすごいんです!

現在、兄と同じく仙台育英に進学し所属する・吉居駿恭選手は、中学時代には全国中学大会1500mで優勝!タイムは3分59秒30、、3000m準優勝(タイム 8分35秒63)と素晴らしい成績を収めています。

仙台育英に進学後も、昨年の東北高校駅伝で1年生ながら、2区区間賞を獲得する走りで、チームの優勝に貢献しています。

ではなんと、3区で大和さん、7区のアンカーで弟の駿恭さんが走り、同校を優勝に導いたというところが記憶に新しいところです。

 




吉居大和の小中学時代

吉居大和選手小学5年生から田原市陸上クラブで陸上を始めました。

小学5年
第32回豊橋みなとシティマラソン(2012/11/25)
2km男子小学生の部 6位(タイム 7分13秒)

  • 田原東部中学校時代
    中学3年
    2016年全国中学校体育大会
    3000m予選敗退(予選4組5位 タイム 8分56秒94 )
    1500m予選敗退(予選4組6位 タイム 4分9秒21)

中学3年生の時にはジュニアオリンピックで3000mに出場し、決勝まで進出しています。

駅伝の3km区間タイムを比べてみると…

  • 1年:9分41秒
  • 2年:9分16秒
  • 3年:8分40秒

と、毎年30秒ほどタイムが上がっており選手としての成長がスゴイですね!

 

吉居大和の高校時代

中学卒業後は陸上の名門・仙台育英高校に進学。高校では相次ぐ故障に苦しめられました。

高校1年

左大腿骨頸部の疲労骨折。

2017年全国高校駅伝 2区3.0km 2位(タイム 8分17秒)ここでも中学時代に記録した自身の3kmの区間タイムを短縮しています。

 

高校2年

右膝脛骨の疲労骨折。

ケガにより思うような成績を残せなかったようです。

2018年全国高校駅伝では1区10.0kmを走り42位(タイム 31分53秒)と不本意な結果となっています。

そんな時期の、仙台育英高校OBの服部勇馬との、仙台育英高校という伝統校の絆を感じる良いエピソードも!

吉居大和選手(3年)は、昨年の都大路で右膝のけがを抱えたまま1区を走り、42位となった。大会当日の夜、宿舎を訪ねた服部選手から「終わったことに対しては何もできない。新しく生まれ変わる気持ちでやってほしい」と言われ、救われた。吉居選手は「楽しんでやらないと陸上をやっている意味がない」と前向きな気持ちで練習を重ね、

毎日新聞より引用

服部選手は現在【トヨタ自動車陸上長距離部】!吉居大和選手のお父さんと同じですね。

その甲斐もあり、2年最後のレースとなる伊那駅伝では怪我を乗り越え復活を遂げています。服部選手の先見の眼と優しさがすてきですね!

 

高校3年

3年生になり、体ができて故障しにくい体になると、その才能が開花!

2019年 チャレンジ・ミートゥ in くまがや 3000m総合1位 (タイム 8分6秒44)このタイムは高校歴代4位とのこと!

まさに逆境をばねに飛躍しており、ここからこの年代でのトップランナーとの評価が高まります。

初の全国高校総体(インターハイ)では5000mで3位(タイム 14分08秒12)となり、参加した日本人選手中ではトップゴールでの表彰台を獲得しています!

 

インターハイ5000m日本人トップの3位に入賞ーー!大変な冬を乗り越えて春到来!おめでとうございます!

そして、弟の駿恭さんと共に挑んだ全国高校駅伝での活躍へと繋がります。

吉居兄弟
(C)毎日新聞
ガッツポーズする吉居駿恭(右)と兄・大和=京都市右京区のたけびしスタジアム京都で
2019年12月22日午後3時29分、藤田花撮影

 

吉居大和の中央大時代

大学1


ホクレンディスタンス千歳大会 5000m6位(日本人3位)
タイム 13分28秒31(U20日本記録更新)

毎年毎年自分の記録を更新し続けている大和選手。想像を超えるトレーニングの証ですね。

2021年の箱根駅伝では、『中央大復活の切り札』とも呼ばれ、周囲の期待も高い吉居選手。

どうか怪我なく調整を行い、本番で十分に実力を発揮してほしいと思います。


吉居大和選手の靴!駅伝でのシューズのメーカーは予想

最後に吉居選手が履いているシューズですが、ホクレンディスタンスチャレンジの時は、NIKEのシューズを履いています。

ナイキ エア ズーム 厚底ランニング シューズホワイト

箱根駅伝でも同じランニングシューズを履くのではないかと予想します。NIKEの厚底シューズは東京マラソンで大迫選手も履いているなど多くのマラソン選手は愛用しています。マラソンをテレビで見る時にそのような視点で見るのもランをされている方には参考になり、面白いですね!




まとめ

今回は、2021年の箱根駅伝でも『中央大復活の切り札』とも呼ばれ、周囲の期待も高い中央大学のスーパールーキー吉居大和選手について紹介しました。

  • 吉居大和選手のプロフィール
  • 吉居選手の家族構成とご両親について
  • 吉居選手の2つ年下の弟について
  • 吉居選手の陸上の成績など
  • 吉居大和選手の駅伝で履かれるシューズに注目!予想。

 

下はライバルと言われている順天堂大学の三浦龍司選手。今現在では吉居大和選手は補欠登録。藤原正和監督の思惑があるのではないでしょうか?

 

2021年の箱根駅伝が今から楽しみです!!
最後までお読みいただきありがとうございます。

吉居大和(中大)の弟・駿恭や父母も陸上家族!納得のサラブレット選手」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る